« たんぼ | トップページ | 絵日記 »

2007年8月15日 (水)

消毒は19世紀の医学!?

消毒は19世紀の医学!?  ←次男の右足です

痛々しい (T_T) です。

今朝、次男の悲鳴で目を覚ましたのですが、痛みでのた打ち回る次男、小指の皮がずり剥けておりました  ((+□+))ひいぃぃ

 

慌てて、開いている病院(皮膚科)を探したものの、このお盆、近所の病院では見つからず、西神戸医療センターまで連れて行ってきました。

原因は火傷でしょうとの事。

昨日、旦那の仲間内とバーベキュー&花火をしていたので、それか・・・・・!?

でも、火元には子供たちは近づけなかったし、花火の時もそんな様子は無かったのに・・・・

元気いっぱいで走り回っていて、お風呂に入ったときもぜんぜん気づかなかった (T_T)

はしゃぎ疲れて夜はコテンと寝て・・・・朝方皮がずり剥けた痛みで悲鳴を上げながら目を覚ました次男。

最近の子供たち、怪我どころかまともな風邪にとつひいていなかったので、平穏慣れしていた私は、かなり慌てました  \(◎□◎)/!

とにかく消毒しまくって・・・・・・・

 

 

先生に言わせると、「消毒は19世紀の医学」なんだそうな。

一瞬何を言われているのかさっぱりでしたが、つまり・・・↓

消毒は余計に症状を悪化させる可能性もあるので、今は主に"洗浄”なんだそうです。それが20世紀の医学・・・・・

はぁぁぁぁ?  (@0@;)ぽか~ん・・・

今まで私が信じて生きてきた、治療の基本って一体・・・・・・

とにかく、家では病院で出された軟膏を、ベッタリ多めにガーゼにのせ(ガーゼが肉にはりつかないように)包帯をして、こまめに取り替えておいて下さいと言われました。

 

病院へいく途中すっかり眠ってしまっていた次男。病院に到着し、ベビーカーに載せられてもスヤスヤ  (-_-)zzz、ぐっすり眠りこけていた次男。

治療が終わり、自分が病院で先生に向かい合っていることに気付いた時には、(T□T)うおぉぉぉぉ!!と泣き出しかけましたが、もう治療終わっているし・・・・

とりあえず、パフェで機嫌をとって帰りました(^_^;)

 

1週間後にまたきて下さいと言われて、予約をとって帰りましたが、膿んでなければもう行かないかも・・・・・・・

 

ちなみに、病院で看護婦さんに上手に巻いてもらった包帯に、次男の機嫌をとるために絆創膏を買ってあげたのを張ったのが、上の写真

お風呂上りに私が巻きなおすとこうなりました↓

何故親指にも・・・・? 

 

 

答(次男が貼れと言ったから)

|

« たんぼ | トップページ | 絵日記 »

コメント

うわぁ!痛そうですねぇ☆
やけどって 時間経ってから
ぷっくり水ぶくれになっちゃったり
するもんね。
暑いのに包帯 大変だけど
かわいい絆創膏で頑張ってね。
おだいじに。

投稿: 三男ママ | 2007年8月16日 (木) 01時39分

ぜんぜん気付かなかったもので、その分私も動揺してしまい、かなりアタフタしてしまいました(T_T)
それでも、とにかく傷は消毒だろうと、病院で見てもらうまで何度も消毒していたので、Wショック・・・(T□T)
今日からスイミングのサマースクールに申し込んでいたのですが、当然入れず、長男が一人で参加しました。
次男は7月のサマースクールで大泣きしていたので、したり顔でしたが・・・(^_^;)

投稿: いつ→三男ママ様 | 2007年8月18日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53073/7549734

この記事へのトラックバック一覧です: 消毒は19世紀の医学!?:

« たんぼ | トップページ | 絵日記 »